藤原紀香さんのNPOが被災地救済へ

女優の藤原紀香さんが熱心にチャリティ活動をされていることはすでにご存じの
方もいらっしゃると思いますが。
年々、「届けたいところにちゃんと届けたい!」との願いが強まり、
ご自身でNPO法人を立ち上げていらっしゃいます。

スマイルプリーズ、藤原紀香世界こども基金
smile-please.com/donation/index.html

ご自身も阪神淡路大震災を体験されたことが活動の基底になっており、
本当に現地まで出向いて活動している団体です。
ここで募られた募金は、日本赤十字社を通じ、被災地に送られます。
それには、御本人も最後まで見届ける覚悟だとおっしゃっていました。
私もついて行こうと思っています。
よろしければ、HPをのぞいてみてください。

昨日、まだ戦闘のおさまらないアフガニスタンからも、400万円あまりの募金が
届いたと聞きました。どんな思いで絞り出してくれたのでしょう。
被災地、被災者を支えるのは”気持ち”ですね。

私は東京で、寝る場所もあり、ご飯も三食いただいているというのに、
世界各国の友人たちから、続々と届いたのは、
”私の思いは、君のもとにある”というメッセージ。
なんか、泣けます。

叔父が、実家を見に行ってくれました。
食器棚などはいうまでもなく、リビングのテレビも倒れて崩壊。
あらゆるものが散乱し、靴をはいたままで入室しないと、
けがをするそうです。
こんな場所にいたら、けがをしないほうが不思議だったでしょうね。

d0339680_11450847.jpg


今日。母が近所の方と電話で話をしていました。
その方は言ったそうです。
「片づけなきゃならない、と思ってはダメだよ。それは無理な話だから。でも、
毎日何かやってれば、いつか終わる」
名言です。

実家、なくなるかも知れません。
最後のはなむけに、一度は”片づけ”に行ってこよう。
<< 兄、仙台へ。 仙台の被災地からの便り >>

小野綾子 ブログ


by ryoko-ono