カテゴリ:旅( 27 )

伝説のザ・オリエンタル

バンコクでは、2泊だけ、ひとりの滞在だったので
ぐっすり熟睡できる場所を選択。
ザ;オリエンタルは、世界中のトラベラーからアワードを送られている
ベストホテルですが、昨今、その伝説を知らない世代が増えているとかで。

ラグジュアリーホテルはもはや世界中にできておりますが
そのサービスのお手本となっているのがここ。

空港につくと、リムジンが待っていてくれました。
d0339680_11451803.jpg


それにしても、イミグレーションを出る人ごみの中から、すぐさま見つけ出してくれる
のはどういうわけなんでしょうか。

空港からホテルまでは40分。車内には、冷たいおしぼりとホテルのロゴ入りのお水。
d0339680_11451817.jpg


お部屋は、ウッディな色調に模様替えしてありました。
d0339680_11451826.jpg


d0339680_11451960.jpg


そして、ワインのギフトが
d0339680_11451934.jpg


はい、おいしく飲みますよ~!

バンコクに飛ぶ!

バンコク出張です。
ANAラウンジでおうどんをいただき
d0339680_11451968.jpg


飛ぶっ!
d0339680_11451916.jpg


これは、スリッパなのか靴下なのかと眺めているうちに、
d0339680_11451914.jpg


爆睡!

気がつけば、バンコクに到着です。

世界を飛び回る手帳!

昨晩、BTDTという手帳のプレビュー会に出席。
BTDTとは、Been ther Done that=行った、やった、という意味の英語の略で、
世界のどこへ行き、何をし、どのエアラインに乗り、次に行きたい世界遺産をチェックする、
などなど、旅の記録&予定表を書くための手帳です。場所は東京倶楽部
d0339680_11452034.jpg


発行人であるハリー・チェンさんは、世界を飛び回るパワフルな人で、
d0339680_11452063.jpg


手帳は、この日発表になったグッドデザイン賞を受賞!
d0339680_11452022.jpg


d0339680_11452037.jpg


ページをめくっていると、いろいろ書きこみたくなります。
d0339680_11452003.jpg


ヴァージンの会長、リチャード・ブランソン氏も絶賛のこの手帳、
丸善等で発売予定とか。

ギフトにもステキですね。

実は、これより数か月前、手帳の試作品を見る会があり、”ハワイは合計で50回以上
行ってたりするし、この手帳だと、全部書きこめない~~!”と
コメントしたところ、何と、書き込めるように改善されておりました。

何か、ちょっと嬉しくなる手帳です。
BTDT、旅のお供に! エアラインとか、いろいろな情報も満載ですよ~~!

金沢のご利益!?

d0339680_11452155.jpg


金沢に行ってきました。
こんな光景に遭遇! 日本海です。

近江町市場でお寿司と近江牛コロッケを堪能。
d0339680_11452190.jpg


ひがし茶屋街の街並みがステキでした。
d0339680_11452197.jpg


何やら金運が上がるという黄金の蔵
d0339680_11452161.jpg


工事中の道路の横に、こんなかわいいカエルも発見
d0339680_11452122.jpg


いつものごとく駆け足の旅でしたけど。
おいしゅうございました!

開運香港!

香港は、ちょうどお月さまのお祭りでした。
故レスリー・チャンに教えてもらった開運寺院、黄大仙へお参りに。
d0339680_11452118.jpg


d0339680_11452115.jpg

占いの館が100軒ぐらい並んでいるので有名な寺院ですが。

お願い事が3つかなうのだとか。初めてお願いしたときに、本当にかなってしまったら、
レスリーさんに”お礼参りに行ったほうがいいよ”といわれて、しばらく通ってましたっけ。
かなってはお礼に、かなってはお礼に、と。

境内にある占いの棒を、思い切り振って、まずは占い。
一本飛び出した棒に書いてある番号を控え、占いの館でおみくじを
読んでもらいます。

お月さまのお祭りだけあって、お参りの人の絶えないこと!
その夜、スターフェリー乗り場は、こんな飾りつけで盛り上がっていました。
d0339680_11452162.jpg


スターフェリーにて。
こんな夜景もどうぞ。
d0339680_11452139.jpg

そして、美女と夜景。

d0339680_11452167.jpg


ファッションTVの撮影でした~~!

香港なのに仏料理が熱い!!

食べて食べて食べた香港。
普通なら、チャイニーズ三昧の香港ということなのでしょうが。
今回は、フレンチの美味しいモノづくしで。
まずは、初日。ザ・ランドマークのメインダイニングであるAmberで。
GMアンソニーさんとご一緒させていただいたのですが、ここのヘッドソムリエは
世界的にも有名なべネキンさんという方で、ワイン、意味がわからんぐらいに旨っ!
d0339680_11452240.jpg

これ、名付けて、フォアグラ・チュッパチャプス。

d0339680_11452298.jpg

うにもウマすぎ。

d0339680_11452206.jpg

デザートは、コラボしているというメゾンドショコラで、ラズベリーとチョコのマリアージュ。
メゾンドショコラのトリュフは、毎晩、枕元にも届けていただいていて。
美味しいものって、どうしてこんなにお腹に入ってしまうんでしょう……。


で。翌日は、マンダリンオリエンタル香港のフレンチ、厨房のピカソといわれる
ピエール・ガニエールのレストラン”ピエール”へ。
ここ、メニューを読んでも、出てくるものの想像がつきません。
なぜなら、食材の組み合わせもお皿の上のディスプレイも、まったく
見たことのない展開だから。
d0339680_11452246.jpg


d0339680_11452222.jpg

また、フォアグラいただいちゃいました……。

反省した翌朝、ようやく街中のお粥やへ。ここはロンミンがおいしいことでも知られている
お店。ヨンキーの向かい側です。
d0339680_11452286.jpg


そしてそしてラストナイトは!
九龍半島側、ちょうどペニンシュラの裏あたりにある新しいエリアへ。
ランドマークのGM、アンソニーさんにつれてっていただきました~~!
ネオレトロで、面白いエリアです。
d0339680_11452272.jpg


d0339680_11452202.jpg


よーく見ると、なぞの美女が隠れています……(笑)
名付けて、アンソニーズ・エンジェル、の図。
そして香港の夜はまだまだ続く!

香港で発見!激上げコスメ!!!!!

怒涛の香港から帰国。
と~~んでもなく効くコスメを見つけてきました!
名前は、IVO PITANGUY おフランス製。
セレブ御用達の整形外科医として有名なドクターが作ったものなのですが。
バイオテクノロジーを駆使して作ったといわれるセラムが、ヤバいほど上がります!
d0339680_11452287.jpg


メイクをした上からも塗れるリフティングキュアと、
d0339680_11452263.jpg


一回づつのパッケージになっているマスク
d0339680_11452288.jpg


香港で、いや、世界中のスパの中でも実力は3本の指に入ると思われる
ザ・ランドマーク マンダリンオリエンタルのスパで発見!

フェイシャルをやった翌日、いや、やっている最中から笑っちゃうほど上がっているのが
わかったほどのすご腕コスメです。

今回の滞在は、7つ星として名前を知られるザ・ランドマークマンダリンオリエンタル香港。
d0339680_11452266.jpg

香港の中でも大好きなホテルですが、103室しかないこのホテルは予約が
なかなかとれないホテルでもあります。こ、このベッドの寝心地が最高~~!

d0339680_11452207.jpg

リビングに、大きなバスルームがついて、入口には、玄関風のしつらえも。
朝、パソコンを出しっぱなしにして出かけたら、パソコンの下にはちゃ~んと
マウスパッドをかねた皮の敷物が敷いてある、といった具合。

ストレスレスにして、ラグジュアリーな旅には完ぺきな環境です。
そして、スパは、新しいプロダクツを発掘してくることでも注目なのですが、
施術がとにかくうま~~~い!!! 終わるとロレツの回らなくなるほど
極楽なスパです。お勧め!!!

船旅

d0339680_11452671.jpg


ミャンマーには、ロードトゥーマンダレーという川を下る船旅に出かけておりました。
バガンからマンダレーまでの行程をゆっくりと客船で上ります。
d0339680_11452628.jpg


シンプルだけれど、とても快適な客室。

d0339680_11452654.jpg

水回りも完璧です!
船旅というと高額な印象がありますが、3泊~4泊で、食事もすべてつき、日々観光もついて、
さらには船上のカクテルパーティーなど、かなりな充実ぶりで、お値段26万円から。
大型客船にはないのんびりとした雰囲気や、優雅な気分は本当におススメですよ!
たまには、船の上から、こんな夕日を眺める休日があってもいいですよね。
本当にステキな旅でした。
d0339680_11452626.jpg


朝、リクエストをしておくと、こんなモーニングティーが運ばれてきます。
シアワセ
d0339680_11452659.jpg


詳細は、VOCE10月発売号にて。ステキな写真と華麗なる文章にて公開予定!!!

ミャンマー美容!?

ミャンマーは、ただ歩いているだけでも日焼けをしてしまうような南国です。
で。ほとんどの女性が、タナカという木をすりおろした日焼け止めを塗っていました。
タナカ、パックになっている商品があるほど、ここの日常には欠かせないようで。
ふんわりベビーパウダーの香り。乾くと、カピカピしますが、日差しは遮ってくれるようです。
d0339680_11452695.jpg


ミャンマーでは、生水に気をつけなさい、と誰もがいいます。が、
滞在していたホテルなどでは、もちろん生野菜もまったく問題なく。。。問題どころか
と~~~ってもおいしくて、お芋やビーフン、ニンジンなどを細かく切ったサラダが
とても美味でした。
d0339680_11452638.jpg


約2,500年前にある商人がインドで釈迦からもらった聖髪を奉納したのがはじまりだと
いわれるシュエダゴンパゴダ。パゴダとは寺院の意味ですが。
いやはやすごい場所でした。一緒に行ったカメラマン(男)は、ドラゴンボールの世界だ!
と、コ−フンしてました。
d0339680_11452655.jpg


何か、やはりパワーありましたよ~~!

南アフリカのレセプション!

ブルートレインとか、サファリロッジとか、南アフリカの観光名所の
PRがコンラッドホテルに大集合。
d0339680_11452796.jpg


d0339680_11452784.jpg


入口から、キリンの像やら民族衣装を着た人形やら、南アフリカの気分が満載!

d0339680_11452737.jpg


W杯直後のことだったので、こんなお土産までいただいてしまいました!

ミニチュアのサッカーボールです!

去年、紀香バディ2!リ・アル!のロケでお世話になった南アフリカ。
大自然がと~~ってもきれいで、なの街並みなどはヨーロッパの香りが漂っていたりして、
本当にステキなところだったのです!!!!

クルーガー国立公園では、
d0339680_11452793.jpg


こんな景色や
d0339680_11452701.jpg


こんな景色が日常で。
d0339680_11452723.jpg


お部屋から見た風景がこんな感じ。


人生観が変わります!

本当におススメしたい、南アフリカでした!!!

小野綾子 ブログ


by ryoko-ono