<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カンボジア・ダイレクトアクション

d0339680_11451687.jpg


突然ですが。カンボジア、ダイレクトアクション、最終日の夕焼けです。
空中が真っ赤に染まる、見事な夕焼けでした。

あるお坊さんの活動に参加させていただき、孤児院や、水害後の土地に住む
人々へ、支援物資を届けに。

この活動の中で、ある孤児院の子供たち二人が、無事、お坊さんの試験に合格して、
スリランカの日本語研修に行けることになりました。

ひとりは、孤児院の卒業生で、孤児院の先生をサポートし続けている男の子。
そしてもひとりは、その男の子を兄のように慕い、日本語を勉強している男の子。
二人とも、海外に出るのは初めてで、はちきれんばかりの緊張と意欲に燃えていました。

男の子たちの夢は、ひとつでもたくさんのことを勉強し、吸収して国に戻り、
後輩を育成するリーダーになること。

世界の偉人の格言を書いた本を、暗記するほど読み込んでいて、私に教えてくれました。
何もしなければ、何も手には入らないということ。
挑戦することは、まず最初の一歩であるというlこと。そして、
挑戦して、挑戦して、たとえその結果が水泡に帰しても、以前の自分よりは成長しているのだ、と。

これほど本気の言葉を聞かせてもらえたことが幸せです。
さて。私も今日から挑戦しよう!

タイのアディクト・デザート

タイに来ると必ずいただくデザートがあります
ウォーターチェスナッツのルビーコートinココナッツミルク

d0339680_11451613.jpg


d0339680_11451605.jpg


プールサイドでアイパッドを開きながら、仕事をしつつ、デザートを食べる・・・・・!

そして夜には
d0339680_11451728.jpg


タイキュイジーヌレストランでまた食べる・・・・!
これ、シイの実をグミっぽい触感のものでくるんだものなのですが。
冷たい氷とココナッツミルクの組み合わせでいただくと、いくらでもいけるのです。

タイレストランでは、日本でいうザボンをサラダにした歩メロサラダがお勧めです!
d0339680_11451742.jpg

オーサーズラウンジのカクテルパーティー

d0339680_11451704.jpg


あまりにも有名なオリエンタルの旧館。
昨晩は、こんなインビテーションカードが届き、
カクテルパーティーへ。
d0339680_11451793.jpg


昼間はアフタヌーンティーなどでおなじみですが、夜のラウンジもまた格別!
d0339680_11451723.jpg


d0339680_11451718.jpg


d0339680_11451706.jpg


トロフィールームには、数え切れないほどの賞状が飾られています。
d0339680_11451773.jpg


d0339680_11451794.jpg


何だか、いつもの日常を忘れるような素敵な夜でした

オリエンタルスパ!

オリエンタルスパで、タイ式ドライマッサージ90分!
d0339680_11451748.jpg


マッサージの前に、軽くシャワーを浴びますが、そこにあるアメニティーの
細やかさが憎いっ!

髪を止めるゴムのやわらかくて気持ちいいこと。
使い捨てパンツが紙ではなく、伸びる布製!
海綿もありますよ~。

いつも、お勧めのオイルマッサージをリクエストしていたので、実はタイマッサージを受ける
のがはじめて・・・・。目元に、きゅうりエキスをしみ込ませたアイパックをしてくれました。
d0339680_11451708.jpg


アクロバティックなマッサージはタイ式そのものでしたが、寝ているだけで勝手にやって
もらえるヨガみたいな要素も入っていて、さすが街中のマッサージとはひと味違いますね。
ちゃんと、どこがどう問題なのかを把握してやってくれますので、
気持ちいいだけではなく、問題回復の実感あり。

でも、コリすぎてて、できれば明日も。。。と言われてしまいました・・・・!

期間限定で、鍼灸セラピーもやっているそうです!

ザ・オリエンタルの居心地

オリエンタルには、各階の廊下の、エレベータ横にバトラーがいて、
そのフロアのゲストが外出すると、すぐさまお掃除に入り、ごみを片付けてくれたり、
いろいろな気遣いをしてくれるのですが。
かつては、ドアの前にマッチ棒が立てかけられており、そのマッチが倒れていると
人が外出したことがわかるという仕組みになっていて、ハウスキーパーやバトラーは
そのマッチ棒をサービスの目印にしていたものでした。
今は、もうマッチ棒は立ってはいませんが、部屋を出ると、それを見たバトラーが
すぐにエレベータのボタンを押して呼んでくれたり、サービスの質は不変。

朝、起きると、ドアの横の新聞入れに、」新聞が入っています。新聞の戸棚の下は
磨いておいてほしい靴を入れる場所。夜、ここに靴を入れておくと、朝にはピカピカに
磨かれた靴が戻っています。
d0339680_11451894.jpg


今日の夕方のアペタイザーは、お寿司でした。
d0339680_11451871.jpg


チャオプラヤー川をはさみ、対岸にはスパとタイキュイジーヌレストラン、サラリンナム。
これ、川に浮かぶ建物みたいに見えますが、マンダリンの専用渡し船です。
d0339680_11451827.jpg

対岸から見たホテル。
d0339680_11451846.jpg


本当によく眠れますっ!

伝説のザ・オリエンタル

バンコクでは、2泊だけ、ひとりの滞在だったので
ぐっすり熟睡できる場所を選択。
ザ;オリエンタルは、世界中のトラベラーからアワードを送られている
ベストホテルですが、昨今、その伝説を知らない世代が増えているとかで。

ラグジュアリーホテルはもはや世界中にできておりますが
そのサービスのお手本となっているのがここ。

空港につくと、リムジンが待っていてくれました。
d0339680_11451803.jpg


それにしても、イミグレーションを出る人ごみの中から、すぐさま見つけ出してくれる
のはどういうわけなんでしょうか。

空港からホテルまでは40分。車内には、冷たいおしぼりとホテルのロゴ入りのお水。
d0339680_11451817.jpg


お部屋は、ウッディな色調に模様替えしてありました。
d0339680_11451826.jpg


d0339680_11451960.jpg


そして、ワインのギフトが
d0339680_11451934.jpg


はい、おいしく飲みますよ~!

バンコクに飛ぶ!

バンコク出張です。
ANAラウンジでおうどんをいただき
d0339680_11451968.jpg


飛ぶっ!
d0339680_11451916.jpg


これは、スリッパなのか靴下なのかと眺めているうちに、
d0339680_11451914.jpg


爆睡!

気がつけば、バンコクに到着です。

コンビニ・アンチエイジング

ナチュラルローソンなどできて、コンビニでも美や健康を維持するツールが
買えてしまう昨今。

ほぼナチュラルローソンでの購入モノですが、ちょこちょこ愛用している
コンビニアンチエイジングものがあります。
その1.しょうがのお菓子

d0339680_11451906.jpg


ショウガは、漢方薬のほぼ8割に入っているといわれるほど、抗老化作用の
期待できる食材。ショウガ、ニンニクのふたつは、抗老化食材の二大横綱ではありますが。
ニンニクは、食べるタイミングなどがありますからね。
うちでも、お味噌汁やスープにショウガをすって入れる、炒め物にも入れるなど、
多用しているのですが。おやつものでよくいただくのが、ショウガの砂糖づけ。
疲れた時など、血行もよくなるし、疲労回復にいいですよ^^・

その2.ドライイチジク
d0339680_11451967.jpg


不老長寿の果物といわれるほど、実も葉も薬効と栄養価が高いイチジク。
抗ガン作用の高さでも知られているものですが、
血液をサラサラにし、美肌にも効果を発揮。腸のはたらきを活発にするため、
便秘に効果 があるとも。動脈硬化の予防になるとも。

ドライイチジクは、生よりもカルシウムが豊富になるので、骨粗鬆症予防にもいいですね。
そして何といっても、女性ホルモンエストロゲンに似た成分も含んでいるので、
更年期障害の解消や性ホルモンの影響を受ける問題に効果的。

その3.ドライアップル
d0339680_11451957.jpg


宇宙食みたいな不思議な触感にハマっているドライアップル。
りんごって、長時間にわたり、口臭を抑える働きがあるんだとか。
特に皮を一緒に食べると、結腸や肝臓ガンを抑制したり、
免疫力を高めてくれる効果あり。

ドリトスも大好きだけど、その合間にこんなおやつを入れてみるだけで、
ちょっと変わりますよん

足ケアに!足つぼツボール!

業界で密かなブームを呼んでいるすご腕の足つぼマッサージ師がいます。
その名はマッティさん。ひとたびその手にかかれば、あらゆる不調、不具合の
調整をしてもらえるというので、予約は三カ月待ちだとか、いろんなレジェンド
を生み出している女性です。何せ、予約で待っているお客さんのために、
不調が治った人は、”卒業”していただくというほどの人気の足つぼ師なんですね。
そのマッティさんにほれ込んだ泉谷しげるさんが、足つぼマッサージ用に
作ってもらったという足つぼマッサージャー、”ツボール”がこれ。

d0339680_11451994.jpg


一見、普通のボールに見えますが、ちょっとこぶりなこのサイズに意味があるそうで。

d0339680_11451948.jpg


付属の網に入れ、足の親指にひっかけて、
d0339680_11451904.jpg


ごろごろと転がします。いたぎもです。

で。足ケアといえば、欠かせないのが、香港マンダリンオリエンタルにある上海ペディキュア。
宋さんという一家が代々やっていらっしゃる角質とりなのですが。もう、頬ずりしたいぐらいにふわふわになるっ!

この技にほれ込んで、私は、お父さんの代から10年ぐらい通っていたことがあったほど。
角質とりって、たんなる美容のケアだけでなく、新陳代謝を健全に促すようにするなど、
健康面でも大きな意味を持つもので。きちんとケアしようと思ったら、削っていい境界線と
削ってはいけない境界線の見分け方がすごく難しいのです。

ここの上海ペディキュア、今までの経験の中のだんとつぴか一おススメです!!!

d0339680_11452018.jpg