チェンマイのニューイヤーズイブ!

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年のニューイヤーズイブは、チェンマイの田園ホテルで迎えました。
d0339680_11451261.jpg


普通の田んぼに見えますが、村ひとつぶんの大きさもある、
マンダリン・オリエンタル、ダラデヴィ チェンマイ、ラグジュアリーリゾートです。

田んぼを囲むコテージは、“庄屋の家”かと思うぐらいの豪邸です。
d0339680_11451209.jpg

これがベッドルーム。

テラスには、田んぼを眺めるガゼボがついて、屋外には専用ジャグジーも。
d0339680_11451251.jpg


d0339680_11451215.jpg


スパは専用のスパ棟があって、本当に田園の村がまるごとリゾートになっています。

d0339680_11451218.jpg


この村での、年越し・・・・・テーマが何とサファリ象さんが・・・・!

そのようすは次回へ続く

かどわきのトリュフご飯!

久々に「かどわき」へ行ってきました。
某美人女優&ヘアメイクアップアーティストと、恒例になっている乙女会(乙女でいいのか、
という点はさておき)
ひらめのお刺身を肝みそでいただき、かにみその茶わん蒸しあたりからもはや至福の状態。
d0339680_11451222.jpg


ラストは、やはり、これですね。
d0339680_11451298.jpg


これでもか、というぐらいに削った黒トリュフのご飯
d0339680_11451289.jpg


懐石料理って、またどうしても食べたくなるほど美味しいと思ったことがないのですが、
かどわきはすごい! 
現在の場所に移る前、カウンターと小さな個室がひとつだけのころには、まだ
トリュフご飯も登場してはいなかったのですが、そのころからあまりにもおいしくてその秘訣を
聞いてみたことがありました。
その答え「うちは、東京懐石、でしょうね。これは母親に食べさせたいと思うような、
美味しさを目指しているんです。だから、素材も量も、これだけ食べたら満足、というぐらいに
使ってるんですよ」
って、感動の理由はやはり”愛”なんでしょうか
これでもかっ!のトリュフの量には、そんな理由がありました。
昨今は、かなり高級店になってしまったので、以前ほど頻繁には行けなくなりましたけど、
やっぱり〆は、ここですね~~~~!!!
d0339680_11451219.jpg

もちろん、完食!

美肌のきのこ鍋!

このところ、連日の年末会食会が続いていますが。
漢方の先生に連れってっていただいたキノコ鍋は、絶品だっただけでなく、
美容と健康の面からも見逃せませんぞ。
d0339680_11451369.jpg

場所は、銀座で、御膳房という雲南料理のお店。
雲南地方は、自然の豊かな場所なので、美味しい食材などは、ここから
やってくることが多いそう。きのこも、雲南省からの食材でした。
d0339680_11451371.jpg


アガリクス茸の生を、初めてみました。

d0339680_11451320.jpg


ポルチーニも生で!

d0339680_11451364.jpg


それらすべての出汁が出たスープは、美容と健康の凝縮ですね。
翌朝の肌と目覚めが、すごい!

d0339680_11451316.jpg


夜景もきれいで、
d0339680_11451311.jpg


もちろん完食です。
漢方の先生のお勧めだけあって、これは要チェック!

南坊流お家元のお茶会

京都で。南坊流お家元によるお茶会に出席させていただきました。
南坊流とは、古くから花魁にお茶を教えていらっしゃる流派で、
この日は、京都国立博物館のお茶室、堪庵にて、お手前を。
d0339680_11451315.jpg

(写真は、総家)

まだ紅葉が残っている、見事なお庭でした。
d0339680_11451374.jpg


香港からの客人を迎え、みんなで、ティーセレモニーの体験です。
d0339680_11451348.jpg


お宿は、柊やの新館に。

d0339680_11451387.jpg

とても静かで、熟睡。
d0339680_11451332.jpg


ご飯もと~~ってもおいしゅうございました。
d0339680_11451312.jpg


d0339680_11451358.jpg

シュレックと記念写真

シュレックフォーエバーの声優さんたちによる、卒業式に行ってきました。

d0339680_11451489.jpg

表参道、セントレジス大聖堂。
バグパイプの音に促されて、シュレックの入場です。

d0339680_11451465.jpg

続いて、フィオナ姫

d0339680_11451491.jpg

長年、お疲れ様でした~~~!

d0339680_11451412.jpg

外は、こんな状態で。

d0339680_11451422.jpg

ラストは、角帽を投げるというセレモニー。

記念写真が、ちょっと嬉しかったりして・・・・・・・・。

小野綾子 ブログ


by ryoko-ono